エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

埼玉県立 鳩ヶ谷高校


一昨日から、久しぶりに埼玉県の高校生が修学旅行でやってきました。

006.jpg009.jpg

午前中は、アスパラ菜の収獲をしてもらって、午後からはいつものように
吹上浜へ・・・

天候はいまひとつだったのですが、異様にあったかかったので
パンツ一丁で、海岸へ

相玉県立、鳩ヶ谷高校の 清水君・奥ノ木君、江連君・荻野君の4名です。
何で木を持っているのか不明ですが、なんとも楽しそうです

11月末日で、この格好で遊べました。

このあと。ヒザ下までしか海に入ってはいけないこと
離岸流があり、危険なことなどを説明し
放牧です(笑)

私は、前日4時までかかって、サンクスメ-ルを送り続けていたので
せっかくなので、眠ることにしました。

しばらくして起きてみると、海岸にだれもいない!!

ちょっと焦りましたね~!!
「波にさらわれたか?」
といっても、10センチくらいの波にさらわれるわけもなく
4人もろとも、おぼれるわけもなく・・・
(遠浅で、このときは引き潮だったので、その可能性もない・・)

やっと30分ほどたって、2キロ先のほうに。人影が見え
帰ってきました。
ほっと一安心です。

聞けば、パンツ一丁の4人組で、ずっと先の川が流れているところまで
いたとの事、距離にして、約4キロほど先です。

景色が驚くほどきれいで、楽しかったとのこと
よかったよかったです。

011.jpg012.jpg

その後日没近くまで、散々遊び

013.jpg

「おまえ 、怪しいなあ~」と撮影会を・・・

014.jpg016.jpg

確かに怪しいかも(笑)

この格好で、10キロ近く、ふらふらと海岸を散歩したのですから
これは怪しい!!


まあ、もう12月になろうというのに、こういう格好で
海辺で、散々遊んだことは、多分一生忘れないことと思います。

017.jpg

夜はお好み焼きを食べて

001.jpg

楽しそうに、帰って行きました。

今回も楽しい4人組でしたが、修学旅行生を受け入れても
やっぱり、学校の雰囲気というか、教育方針というか
担任の先生というか、それによって、カラ-がずいぶんと違うものです。

今回は、担任の先生(何か、奈良のせんと君のようなただならぬ雰囲気の先生で)
と話していたら、鳩ヶ谷を通る、国道122号線のことで盛り上がって
昨日の夜も、先生たちの間で、盛り上がっていたと、先生も楽しそうでした。
(埼玉南部の、川口、浦和あたりでは122号線のことを「ワンツ-ツ-」
と呼び習わしているのですが、その話題です)

なんとも楽しクラスでした。

今日はまだ、霧島で宿泊しているのですが
楽しく、後の日程を過ごしてくれればと思います

by chikomomorara | 2011-12-01 22:07 | イベントあれこれ | Trackback

今年もまたまた、修学旅行のシ-ズンになりました。

11日から4日間、連続で中学校2校の生徒を受け入れました

hodenn01.jpghodenn02.jpg

11日から12日までは、高砂市立宝殿中学校の3人です。
11日こちらについたのが、17時、こちらを出発するのが12日の13時
という忙しさだったので、あまりいろんなことはできなかったですが
アスパラの収穫ができてよかったです。

oose01.jpgoose02.jpg

13日から2日間は、生駒市立大瀬中学校の4人です。
こちらは、ほぼ1日、体験できました。

こちらも、アスパラが出始めている時期だったので、良かったなあと思います。
他の野菜はほとんどなかったので、ソラマメの収穫もできました。

どちらも、鹿児島ならではの郷土料理なんかを期待していたと思いますが
なにぶん、そういったものは作れないので、これまた、パスタ尽くめです。

こういう、民泊型の修学旅行は、どんどん増えているようですね。
今年も、10校近く受け入れの予定です。

人様のお子様をお預かりするので、やはり気を遣います。
が、一方、元気ももらいますし、何より子供達の喜ぶ姿が
やりがいにつながります。

たかが、半日や一日ですが、いろんなものを持って帰ってくれたと思います。

ところで、気候ですが、やはりまだ、朝晩は冷え込んでいます。
昼間は暑いのですが、どうも秋のような気候が続いています。
修学旅行の受け入れ家庭も農家が多いのですが、聞くとどこでも
かなり様子はおかしいようです。

あさってからは、天候は悪いものの、最低気温が20度近くに上がってくるので
その辺りから、一挙に出始めるような気配です。

鹿児島の5月は、関東の7月と同じですので、夜も半そでが当たり前なのですが
10度近辺をうろうろですので、まだ長袖のままです。

最低気温が上がってきても、一挙に出始めないようなら
何か手を撃つ必要がありそうです。

by chikomomorara | 2010-05-14 22:34 | イベントあれこれ | Trackback

烏頭尾さんクイズ!


明日からいよいよ、野菜セットの発送です
もっとも、今まで、レストラン向けなどの野菜の発送の中に
少しずつ、秋野菜をお入れしていましたが、葉物などは、明日から
収穫になります。

自分自身もまだ食べていないので、楽しみです

やっぱり、今年は寒いのが早いです。

ichou02.jpg

これ、今朝撮った、銀杏の写真です。
手前の、南国の木(名前は知らない
の葉っぱが、寒さでしな~っとなっています。

ichou01.jpg

これは昨年の写真です。
撮影したのは、11月26日
もっとも、黄色の具合は違いますが、それでも1ヶ月は早そうです。

naraheijyou02.jpg

もっとよくわかるのが、コレ
昨年、修学旅行で来た、奈良平城高校の3人です。
昨年の記事にも書きましたが、海に着くや否や、すぐに海水浴です
カニに挟まれた(笑)松岡君はじめ、3人、懐かしいですね
気持ちのいい、3人でした。
もうあれから、1年なんですね。


syuugakuheijyou01.jpg

実は今年も、同じ奈良平城高校から、昨日、民泊と、農業体験に
同じ日だったので、こりゃ寒いわと思ったわけです。

浅井さん、竹内さん、烏頭尾さんです。
アスパラの収穫はほとんど無いので、ラディッシュの収穫や、ダイコンの間引き
その他野菜と一緒に、レストランへの発送作業を手伝ってもらいました。

syuugakuheijyou02.jpg

例によって、午後は吹上浜で遊びました。
昨年と海の色が違うのが分かりますか?

syuugakuheijyou03.jpg

地元の人に教えてもらって(私も地元なんですが・・・
潮干狩りも出来ました
「なんげ」という、蜆のような貝が採れたので、夕食の味噌汁にしました。

syuugakuheijyou04.jpg

syuugakuheijyou05.jpg

今朝、熊本に旅立っていきました。
農業体験は少しでしたが、海で遊んだり、犬やネコとのふれあいが楽しかったようです

これまた、例によって、「カルボナ-ラ」と今回は「ペペロンチ-ノ」
も大好評でした

一番上は、今朝見た銀杏の機の写真なんですね。

ところで、3人の内「烏頭尾さん」この苗字、なんと読むか分かりますか?
本人に快諾してもらいましたので、クイズにしようと思います。
詳細はまた後日です

by chikomomorara | 2009-10-23 01:22 | Trackback

最後の修学旅行生

今年最後の修学旅行生、広島県から城山中学校の諸君です。
夏頃から、鹿児島について、いろいろ課題研究させられたらしいですね。

f0186462_2292328.jpg


でも、そこは、正しい中学生!全て忘れてしまったそうです(笑)
今回は、24時間もなかったため、ほんの少し、野菜の収穫と、例によって
吹上浜、千本楠、温泉コ-スです。

夜は、うちの長男と一緒に、スマブラ、ゲ-ム三昧でした。
それが、一番楽しかったかもしれません041.gif

f0186462_22102692.jpg


f0186462_22115621.jpg


さすがに12月、海に入りませんでした。

f0186462_22123369.jpg

素直で、元気のいい、中学生でした058.gif

本当に短時間でしたが、いい思い出が作れたのではないかと思います。

今年は、合計で6校の修学旅行生を受け入れましたが、来年はもう少し増えるそうです。

けっこう大変ですが、子供が増えるような気がして、楽しみでもあります001.gif
明日から、ようやく連続した晴天になりそうです058.gif
葉物の生育が速くなりそうですので、「秋野菜福袋」販売再開の予定です072.gif

by chikomomorara | 2008-12-09 22:13 | イベントあれこれ | Trackback

うるうるでした~!

埼玉からの修学旅行生が昨日帰りました。
f0186462_23304480.jpg

左から、ジョア、みずな、ラビです。
2日目も、イタリアンパセリの、種まきを一生懸命
手伝ってくれました056.gif

本当に、ありがとう001.gif

午後5時に出発だったので、午後から生徒たちと、受け入れ家庭で
一緒に料理をつくりお別れパ-ティ-です。

やはり、みなさん、楽しかったみたいで、会の後半からは
うるうるで・・・・バスが出発するときは、号泣する生徒もいて

埼玉県民は、涙もろいのかもしれません(笑)
きっと、みんな優しいんですね。
元埼玉県民としては、「埼玉、バンザ~イ!」です058.gif

f0186462_2331222.jpg

たかが、30時間ほどでしたが、やっぱり、感動なんですね。

修学旅行の、民泊というのも、年々多くなっていますが
いいことですね。(ありふれた表現ですが)

日常生活の中の、学校でも、家庭でも出来ない体験というか
感動を作ることが出来るんでしょう。

都会と田舎、また、生産者と消費者との交流や、情報の共有
が、図ることが出来ればいいなあと思っています。

by chikomomorara | 2008-12-05 23:35 | イベントあれこれ | Trackback