エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:販売 ( 690 ) タグの人気記事

本日のハウスの状況です。
摘心はまだですが、かなり色も濃くなってきました。

光合成を始めたようです。

f0186462_23580163.jpg
葉っぱも半分程度の展開なので、まだすいています。

こういう状態なら、当然、蒸れることもなく、病気も出ていません。
このまま、11月まで続けば楽なのですが(笑)
f0186462_23580564.jpg
親茎の光合成で出始めた新芽が表れてきました。
f0186462_23581039.jpg
あと、1週間程度で、どんどん増えてくると思われます。
早ければ、来週前半から、発送できるようになるかもしれませんので
明日から、夏のアスパラの販売を行います。

よろしくお願いいたします。

なお、今年の梅雨と、梅雨明け以降の天候がどうなるかわかりません。
天候次第では、かなり弱って、発送してもいいと思えるようなものが
8月は中断に追い込まれるかもしれないので、5回セットはなしにします。

f0186462_23581418.jpg
ハウスの谷に生育しているインゲンです。
今年は葉っぱも大きく、絶好調です。
f0186462_23581844.jpg
すじなしなので、とても柔らかいです。
ただ、ここも、いつまでも置いておくと、通風の妨げになります。

10日ほどで、収穫をやめて、すべて撤去の予定です。
f0186462_23582235.jpg
やはり、温度がいきなり高くなる時があり、冬の野菜もほうれん草にはつらかったようです。
あっという間に、とうが立ってしまいました。
ほとんど収穫しないまま終わってしまいます。
f0186462_23583480.jpg
こちらも、本質的には冬野菜、小松菜、こかぶ、水菜、チンゲンです。
除草剤を使っていないため、一斉に雑草に埋もれかかっています。

そうなると、虫の住処にもなりますので、アブラムシがつき始めました。
f0186462_23584020.jpg
f0186462_23584355.jpg
この段階で、殺虫剤をまけば、なんとかなりますが
そこまでして・・・という気がしますので、近日中に耕して漉き込んでしまいます。

11月以降に収穫するものとは異なり、「おいしいなあ!」とつくづく思えるような
味でもありませんので・・・
f0186462_23584699.jpg
これからは夏野菜ですが、こちらも無農薬ですので、うまくいくかどうかは天候と運次第です。
f0186462_23585034.jpg
ズッキ-二、これは間違いなく、次に強風と大雨が降るまでの命です。
強風で茎が折れ、そこが水にぬれると100%腐って、株ごと枯れてしまいます。
先日の大雨でも3株なくなりました。
f0186462_23585478.jpg
本当は、防草のため、マルチを張りたかったのですが
その時間的余裕がないため、そのまま、青じそを植え、ゴボウをまきました。
f0186462_23585940.jpg
強い味方、新しい、液肥が来ました。
焼酎かすを乳酸菌で発酵させたものです。
ワインのようなにおいがします。
1000ℓなので、ハウスに、露地にとぜいたくに使います。
このところ、一年間に2000ℓ使っています。
f0186462_23590769.jpg
(おまけ)







[PR]
by chikomomorara | 2018-05-15 00:56 | アスパラ栽培 | Trackback

多忙です!

久しぶりの更新になってしまいました。
天候は、目まぐるしく変わるし、やらなければいけないこともどんどん増えるは・・・で

現状報告を・・・
f0186462_02180327.jpg
f0186462_02180699.jpg
アスパラハウスの状況です。
かなり立茎したものが成長してきました。

立て替えなど行い、1ヶ月後くらいに完成予定なので
本格的な収穫はまだまだです。
初期に立てたものは、展葉し始めていますので、もうそろそろ光合成が活発になりそうで
ある程度の収穫量になり始めるのはやはり、5/20以降になりそうです。

来週中には、夏のアスパラの販売を開始したいと思っています。

f0186462_02181097.jpg
f0186462_02181318.jpg
夏アスパラどころか、今になってもまだ、根っこの養分で萌芽する株があります。
いわば、出遅れた春アスパラです。

f0186462_02181736.jpg
春の出始めでもなかなかない、超極太のアスパラも収穫できました!
これ、今シ-ズンで最も太いものかもしれません。はかまのふくらみを見ると
この株で初めて出たものということがわかります。
例年では、あり得ないことです。

f0186462_02182118.jpg
f0186462_02182493.jpg
露地畑はこういう状況です。
耕して、マルチを張ろうというときになると、大雨になって張れない状況です。
こかぶ、水菜、小松菜のところは雑草がはびこってきました。

とともに、ようやくアブラムシが出始めました。
それだけ、今までが寒かったということでしょう。

これから一気に害虫が出てくると思われますので
これらの野菜も、あと少しで終わります。

f0186462_02183109.jpg
コ-ルラビ、薬も撒かずきれいにできました。
(キャベツの仲間なので、この時期だと虫だらけになっているものです。)
今年の春は、大成功でした。
f0186462_02183365.jpg
オクラが発芽してきました。
鹿児島の夏でもよくできる、数少ない野菜です。
f0186462_02182849.jpg
今年は、ほんの数株、きぬさやです。
うまくできています。
f0186462_02183608.jpg
トウモロコシ用のマルチを張る予定だったところ、先日の大雨で水浸しに・・・
時期的にマルチは張れないかもしれません。
土の中のもみ殻が流れた様子がわかると思います。

マルチを張らずに種まきかなあ?
そうすると、雑草が大変だし・・・考えどころです。
f0186462_02183935.jpg
ソラマメ終了です。
結局、摘花できずに放任栽培でしたが、大成功でした。
寒くてアブラムシがつかなかった以外は、なぜだかわかりません。

f0186462_02184503.jpg
チンゲンも、そろそろアブラムシがつき始める段階です。

露地畑は、7割くらいが何も植わっていない状況ですが
このまま、米ぬかをまき続けて、定期的に耕し、秋に向けて土を休ませることになりそうです。

上の画像のところも、四ヶ月くらい、休ませたのが結果的によかったのかもしれません。

5月はアスパラも忙しくなりますし、今年は自治会の「体育部長」も仰せつかることになってしまったので
大忙しです。
グランドゴルフ大会2回あり、その準備もしなくてはなりません。
自治会の運動会は先日無事終わったので、よかったのですが、そもそも、グランドゴルフなるものをやったこともありませんし
観たこともありません。
ついでに言えば、やりたいとも思いませんし、全く興味もありません。

そもそも、一部を除いて、スポ-ツには全く興味がなく
野球も相撲もサッカ-もほとんど見たことがなく、子供の運動会にすら行ったことがありません。
また、ラジオ体操もしたことがないので、知りません。

まあ、今年一年は、大変です。

(おまけ)



まあ、世の中、大変なことになってきましたね。

世界の状況をまともに伝えているのは、虎の門ニュ-スくらいなものでしょう。

日本のマスコミが中国・南北朝鮮の手先になって働いているということが明らかになってきていますね。
中国の工作は、すでにいたるところにいきわたっています。




[PR]
by chikomomorara | 2018-05-10 03:05 | アスパラ栽培 | Trackback
野菜セットを明日販売します。

気温が上がり、明日は久しぶりの雨になります。
葉物も、急に成長し始めることが予想されます。

またソラマメも順調に成長しており、明日、雨をもらって、こちらも急速に熟すことが予想されます。
一方、気温が上がることにより、害虫も一斉に出始めることになります。

ソラマメのアブラムシや葉物の害虫も、今のところ目立った動きはありませんが
あと1週間で、一斉に出始めていることと思います。

害虫を防ごうと思ったら、もう頻繁に薬をかけることになり
薬漬け栽培を余儀なくされます。
まあ、それも仕方がないことで、農薬の使用方法に従っている限り、安全ではありますが
アスパラの栽培で、一層忙しくなる時期になりますので、そこまでして、野菜を作ろうと思っていません。

時間的な余裕もありませんし、何より農薬代までかけて、うまくいくかどうかわかりません。
そこまでのコストもかけたくないという方針です。

ですので、害虫に食われるまでに、どんどん収穫してしまおうということでの
販売です。

ただ、今後どういう天候になるかわかりませんので、あっという間に成長することが予測されますが
半面、あっという間に、収穫不能になることも考えられます。
その場合は、5月中下旬以降に収穫予定の夏アスパラの替えさせていただくこともありますので
予めご了承の上、ご購入をお願いいたします。

1回目にお入れしたいものは、ソラマメ、小松菜、チンゲン菜、水菜、ラディッシュ、白菜(巻かないかもしれません)
イタリアンパセリ、ルッコラ、コ-ルラビ、レタス等です。
生育によって、すべて入るわけではないですが、ソラマメはお入れしたいと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2018-04-23 23:15 | 野菜栽培 | Trackback

立茎開始

本日から、立茎を開始しました。
収穫開始から50日経過しているので、そろそろころ合いです。
f0186462_00294440.jpg
とはいっても、このように、最近萌芽し始めた株も結構あります。
このような元気なものを立てるわけにはいかないので
出始めて、まだ数本目の株についてはまだまだ収穫継続です。

超特撰のご注文で、まだ5回セットの最終段階のものが残っていますが
これらの収穫物をお送りすることになります。

アスパラの栽培で最も難しいのが、「いつ立て始めるか?」ということとされていますが
まさしくその通りだなあと、つくづく感じるようになりました。

元気すぎず、疲れすぎないころ合いの親茎を、好ましい配置で立てることは至難の業です。

早すぎると、元気が良すぎる親茎ばかりで、暴れて繁茂しすぎて、病害虫を呼び込むことになります。
かといって、遅すぎて、弱弱しいものだと、これまた、病害虫に弱い親茎になってしまいます。
よく「苗半作」といいますが、アスパラの場合、この立茎がうまくいくかどうかで
来年の春の出来具合が、半分くらい規定されてしまいます。

ちょうどよいタイミングで始めれば、ころ合いのものを難なく選ぶことができるのですが
遅れてしまうと、「この茎を収穫したら、次にいいものが出てくるのだろうか?」と
悩みながらの収穫作業が続きます。

今年は、まあ、いいタイミングで始めることができたかなと思っています。
むしろ、どのように仕立てていくか?というのは難しくも、楽しい作業です。
もっともそう思えるようになったのは、ここ2・3年です。

これを立てたら、1か月後にはこうなって、3か月後に打箱のような姿になって・・・
ということが予想できなくてはなりません。
今まで、どれだけ失敗してきたか?という蓄積があって初めて予測できるものです。

どのような仕事でもそうですね。
f0186462_00295097.jpg
f0186462_00295937.jpg
ハウス内のインゲン、小さな実がつき始めました。
1週間後くらいから収穫し始めることになります。

つるなしなので、でき始めればどんどん実がつき、あっという間に終わってしまいます。
今年は今までで一番、葉っぱが大きく元気なので、楽しみです。
f0186462_00295353.jpg
f0186462_00295665.jpg
水菜・小松菜・こかぶ・チンゲンのところです。
秋とは異なり、あっという間に大きくなりますが、雑草・害虫もどんどん出てきます。
虫に食べれらるまでに、どんどん収穫して5月初旬には終了です。
f0186462_00300124.jpg
なす・ししとうのところです。
玉ねぎの食べ残した肥料(米ぬか)を栄養源に育てます。
これまた、害虫などうまくいかなければ終了です。
f0186462_00300413.jpg
コ-ルラビ、寒い日もあったせいか、キャベツの類なのに、ほとんど食べられていません。
害虫がはびこるまでに収穫できそうです。
f0186462_00321802.jpg
ソラマメ、結局摘花できませんでした。
それなりに、採れそうです。

普通はソラマメの収穫時期までに、アブラムシがつくものなんですが
今年は全くついていません。
やはり寒かったせいでしょう。
来週あたりから収穫開始です。

インゲン・ソラマメがなんとか収穫できそうなので
もしかしたら、久しぶりに野菜セット販売できるかもしれません。

アスパラにつきましては、いつまでまともなものが収穫できるかもわかりませんので
春アスパラの販売はありません。

連休後から、夏アスパラの販売を予定しています。
f0186462_00321316.jpg

(おまけ)


テレビはこの問題一色なんですかね?

まあ、どっちもどっち、少なくとも、マスコミも財務省も「日本国民の敵」ですから
お互いにつぶし合いしてくれれば、国益にそぐいます。

緊迫した国際情勢そっちのけに、このような問題で、メディア、野党が大騒ぎをしているというのは
本当に異常ですね。
もっとも、モリカケにしろ、このような問題にしろ、国際情勢について、日本国民に危機感を持たせないという
策動から来ているものでしょう。



どこを見ても、日本b国内には敵だらけ、工作員だらけです。
このような状況で、万が一、安倍政権が倒されるようなことになると
もう日本は終了です。

戦後70年、国家警察もなく、スパイ防止法もない、工作員だとわかっていても罪にも問えない
それどころか、工作員が日本国民の税金を蚕食して、やりたい放題です。

そのような事実が明るみにされると、おとなしいとされる日本人でも、ただでは済まないでしょう。





正確な情報は、「虎の門ニュ-ス」です。
この頃、再生回数が飛躍的に伸びています。
毎日、100万回行くようになったら日本が正しい方向に向かうでしょう。



[PR]
by chikomomorara | 2018-04-21 01:33 | アスパラ栽培 | Trackback

穏やかに、穏やかに!

久びりの更新になってしまいました。

先月末に、親知らずを抜歯してから、痛いやら、忙しいやらで、毎日、3時くらいまで仕事に追われる毎日です。

やっぱり、じじいになると、回復も遅いこと遅いこと!
鎮痛剤のお世話にならなくても済むようになったのが、一昨日です。

以前、親知らずを抜歯したときには、1週間もかからなかったような・・・
もっとも、前回は歯の一部が、露出し始めていたので、今回よりも傷も浅かったのかもしれません。

今回は、完全に埋没していたので、歯ぐきを切開するとともに、周囲の骨をかなり削って
掘り出すような手術でしたので、仕方ないかもしれません。

もう削ったところの痛みは消え、歯好きが下がったことによる隣の歯の露出の部分が染みるくらいの
痛みになっています。
2週間たって、やっとこの騒動から解放されそうです。

アスパラのほうも、先週の冬の寒さから一転、夏の暑さへと、目まぐるしく変動する気候に
かなり疲れが出ています。
発送できるものは、全体の1割程度で、その他は、市場出荷と直売所に回しています。

もっとも、発送分はあと10件程度ですので、精神的にはかなり楽です。
料理屋さんの注文も、すべてお断りしていますし、もう、いつでも立茎できる体制に近づきつつあります。

明日あたり、写真を撮ってきたいと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2018-04-13 02:33 | 近況 | Trackback

三回目のピークに向けて

1週間前までは初夏のような陽気で、半袖の登場だったのですが・・・
f0186462_02001826.jpg
昨日から一転、真冬に戻りました。

2日間北西の暴風が吹き荒れ、上記の画像では日が出ていますが
すぐに、時雨れて、2月の陽気です。

ハウスの画像はうちのハウスではないですが、ご覧のように天井が吹き飛ばされました。

今現在でも、7~8メ-トルの強風です。
おまけに、気温は5度前後。

最低気温も下がりっぱなしで、地温も急降下
収穫量は、1週間前の5分の一です。

先週は、暑かったので、ちょうど休養には絶好の機会です。
(アスパラにとって)

いつになるかわかりませんが、最低気温が15℃以上になってくれば
きれいなものが出始め、3回目のピークを駆け上っていくでしょう。

そのピークが落ち始めるときが、立茎を始める記事になるかと思います。

それにしても、寒いです。

[PR]
by chikomomorara | 2018-04-08 02:10 | アスパラ栽培 | Trackback

4月末まで

夏日になったので、日中ハウス全開でも35℃以上に!
熱気を抜くため、妻面上部を開けました。
(少し早かったかも・・・)
f0186462_02111676.jpg
からっとして、日中は22~3℃です。
どちらかというと、春芽の収穫時期としてはかなり低めです。

収穫量を上げるには、もっと温度と湿度を高めにするのですが
直射日光だけでもかなり暑く、収穫量を抑え気味に管理しています。
f0186462_02112230.jpg
ですから、畝の上はこのような感じ。
f0186462_02112816.jpg

f0186462_02113425.jpg
少ないですが、その分出ているものはかなりきれいです。
f0186462_02114015.jpg

f0186462_02114981.jpg

f0186462_02115338.jpg

f0186462_02115861.jpg

f0186462_02120148.jpg

f0186462_02120529.jpg
露地畑は、雨前に再度耕し、種まきと定植を実施です。

[PR]
by chikomomorara | 2018-04-04 02:12 | アスパラ栽培 | Trackback
親知らず、無事抜歯成功しました!

先週の金曜日、手術でした。
埋没して、横向きに生えているので、まずは歯茎の横を切開
親知らずを囲んでいる骨を削って、親知らずの上部を切断(前の歯に接しているため、そのままでは抜けないため)
そのうえで、抜歯です。

40分ほどかかりましたが、残根もなく無事終了です。
以前、右の歯を抜歯した時よりも、時間がかかっています。
前回は、少し、歯ぐきから出てきていましたので、その分楽だったかもしれません。

金曜日まで、もう毎日、ビビりまくっていたので、無事終わってうれしい!
もっとも、患者よりもお医者さんのほうが、これはもう大変ですよね。

あんなに狭いところで、手際よくやっていただき、本当にお医者さんというのはすごいなあと思います。

こういう仕事なら、それこそ、報酬が高くても誰も文句は言わないでしょう。
もっとも、今回の手術代、3割負担で5000円もかかっていません。
これが米国なら、下手すると何十万円とかかるんでしょう。
日本の保険制度に本当に感謝です。

こういうのも、先人のおかげですね。
日本人はどれほど恵まれているか?こういうことって、報道されませんよね。
加えて、その保険制度を悪用して、外国人が、高度先進医療をほぼ無料で受け放題
その負担が税金から出されていることなんかも、もちろん報道されません。

様々なことを考えた、数日間でした。

もちろん、まだ痛いので、早く正常な状況に戻りたいところです。

無事終わって、ようやく、特盛の販売も行えるようになりましたので
ただいま、販売開始しました。
商品内容は昨年までと全く一緒ですが、昨年末から、すべての諸材料が値上げになっており
さすがにいかんともしがたいので、今年から3800円にさせていただくことにしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ただ、初回販売分に関しましては、無事抜歯成功したお祝いとしまして?
昨年同様3600円にて販売させていただきます。

ご購入予定の方は、ぜひとも、この機会にご購入ください。


[PR]
by chikomomorara | 2018-04-02 03:15 | 近況 | Trackback

アスパラ休憩中

露地野菜、ほぼ終了です。
本格的な、端境期になりました。
f0186462_01105236.jpg
f0186462_01105644.jpg
水菜、小松菜、チンゲンなど播種していますが、やっと発芽したばかりです。
f0186462_01110230.jpg
マルチのものは、しばらく冷えて、霜も降ったため、停滞中です。
f0186462_01110633.jpg
発芽したばかりのほうれん草
f0186462_01111016.jpg
f0186462_01112013.jpg
f0186462_01112409.jpg
玉ねぎと、ソラマメです。
f0186462_01112973.jpg
f0186462_01113252.jpg
明日から、摘花できるかなあと思っています。
現在までのところ、頗る順調です。
摘花できれば大成功。できなければ失敗です。
f0186462_01113523.jpg
アスパラ、寒さで休憩中です。
ちょうど、よい調整になったのではないでしょうか?

先週まで約2週間、どんどん収穫量が伸びていましたので
やはりなり疲れというものがあります。

品質低下する前に、気温が下がって休憩に入りましたので
品質が低下することなく、推移しています。
f0186462_01113828.jpg
f0186462_01114242.jpg
曲がったり、はかまが浮き上がったりしているものはほとんど見当たりません。
f0186462_01114598.jpg
最低気温3℃、最高気温33℃です。
最高といっても、午後3時半~4時ころに閉めこんだ後です。
大半は、このように25℃を維持するような温度管理です。

うちの場合、ごつごつしたり、はかまが浮き上がったりしているものは
発送できません。
また、そのようなものは市場にも出しませんので
直売所行きです。

もちろん、そういうものでも、市場出荷基準以内ですので、出そうと思えば出せますが
そうすると、直売所で売るものがなくなってしまいます。

普通の場合、1本でも多く市場に出そうとします。
当たり前です。

まあ、その前に、収穫量を追い求めますので、上記のように冷える日は
日中、35℃位まで、ハウス内の温度を上げておきます。

当然、地温は上がりますので、萌芽が活発になります。



[PR]
by chikomomorara | 2018-03-26 01:29 | アスパラ栽培 | Trackback

凍結事故とななつ星

桜も咲いて、春になったと思ったら、いきなり2月に逆戻り、いやはや、寒いです。
アスパラも、一昨日から休養に入りました。
ここ1週間ほど、収穫量もうなぎのぼりだったので、ちょうどよい調整になり
次に暖かくなれば(最低気温が12~3℃以上になれば)より元気なものを出してくれると
喜んでいます。

ところで、先日からク-ル便の発送に切り替えたとたんのこの寒さで、やはり、恐れていた凍結事故が一件発生してしまいました。
プチプチで二重に包んでいますが、輸送の大半は、夜間になります。
冷蔵庫自体が、面冷却のため、冷却版に接するように置かれた場合、どうしても凍ってしまうことが避けられません。

夜間の気温に左右されるようで、やはり、10℃未満の場合は、まだ使い分けたほうがいいようです。
ですので、当面、お届けするまでの時間、お届けする地域の予報を参考に
常温便にて発送することもあります。

凍結事故、あるいは、蒸れなどどちらでも、異常がありましたら、お手数ですがご連絡をお願いいたします。

ところで、JR九州のクル-ズトレイン、ななつ星で使いたいとのことで、本日、納品しました。
明日の食事に使われるようです。

知り合いの方から、「紹介してもいいですか?」とのお問い合わせがあり
承諾したのですが、サンプルを送ったところ、即決だったそうです。

まあ、光栄なことであり、うちのアスパラがほめられたので、それはそれでうれしいのですが
「どこそこの、有名レストランで使われています!」とか「有名シェフ御用達」とかで売っているわけでは
ないので、どうでもいいといえばいいのですが・・・

ただ、普通は、そういうことをありがたがる方も多いですし
今のシ-ズン、ギフトでお送りすることも多いので、さりげなく(笑)そういう情報で付加価値をつけてもらってもかまいません。
もっとも実際に、食べていただくので、それで判断していただくのが、望みなのですが・・・

それにしても、ななつ星、すごいですね!
まあ、何がすごいかというと、何と、4日間で一人75万円!とからしいですね。
ぼったくりですよ!これは・・・

それでも、予約で引きも切らないというから、世の中には、あるところにはあるんだなあと・・・
まあ、100万円が普通の人の1万円と同じという感覚の方も、世の中にいるわけで
それぞれの、好みですから、とやかく言うことではないんですね。

もちろん、鉄道ファン(鉄ちゃん)ではないんでしょう。
鉄ちゃんは、おおむね貧乏ですから(笑)
しかし、鉄道ファンや航空ファンでも、レンズにこだわったりすると
平気で、50万円や100万円くらいします。
そういうことを考えると、75万円でもいいのかもしれません。

かくいう私も、仮に「F-15で巡る?九州の旅」なんかがあれば、100万円でも200万円でも出してもいいと思います。
もっとも、そのお金がありませんが(笑)

そんなことを考えた、今日一日でした。
まあ、私には一生縁のない世界の話です。

明日の食事で使われるそうなので、おいしく食べていただければ、アスパラも喜ぶでしょう。

(おまけ)





[PR]
by chikomomorara | 2018-03-23 02:19 | アスパラ栽培 | Trackback