エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:農作業 ( 18 ) タグの人気記事

稲刈り無事終了

今年の稲刈りが、ようやく無事終了しました!

「無事」というのも、今年は今迄でもっとも異常気象に悩まされた年だったからです。

実際、山のほうでは、もっとも水が必要な時期に、
田んぼの水が来なくなったり、半月以上も田んぼがからからになって
地面がひび割れてしまった。

待望の雨が降ったと思ったら、今度は降りすぎて、水路から大量の水とともに
ごみなども流入したり、田んぼの外が水で流されて崩れてしまったりと
波乱の年でした。

f0186462_224572.jpg


幸い、うちの地区ではぎりぎりのところで、ため池に水がたまり
何とか無事に実りました。

でも、稲刈り間際になって、先日の台風の強風で、稲がベタごけ寸前になりました。

明日は雨の予報なので、このまま、大雨でも見舞われると、更にこけてしまい
稲刈り藻大変になってしまいます。

f0186462_2248478.jpg


まあ、ここまで、実ったので、感謝感謝です。

f0186462_2249118.jpg
f0186462_22493229.jpg


いつもどおり、福留さんに刈ってもらいました。

まずは外周から刈り取ります。

2条刈りのコンバインなので、車でいえば、コンパクトカ-のクラスでしょうか?
それでも、手刈りはもちろんのこと、バインダ-(耕運機のように、乗用ではなく、歩行タイプのもの)
に比べても、5倍くらいはスピ-ドが違います。

これでも200万円以上します。

f0186462_22535210.jpg


多少倒れた稲でもどんどん刈り取ります。

コンバインというのは、稲を刈って、、籾と稲藁に分けて(脱穀)もみをふるいにかける機械です。

バインダ-だと、刈り取って束ねるところを機械でするだけですので
その後、ハ-ベスタ-という機械で、脱穀する必要があります。

今は、ほとんどがコンバインなので、バインダ-とかハ-ベスタ-とかは
ほとんど古い農家の納屋に眠っていることが多いです。


コンバインに限らず、農業機械や建設機械といったものは
少し大型になれば、あっという間に価格が5倍10倍に膨らみます。

でも、コンバインでも2条刈りを4条刈りにすれば、作業効率は2倍ではなく3倍以上になります。

また体も楽なので、大きなものを使ってしまうと、まず元には戻れません。

f0186462_2323343.jpg


雨が降る前に急いで刈ったと言うのは、稲刈りが難しくなるからなんですね。

当たり前ですが、田んぼというのは、水をためるようになっています。
そのままではぬかるんで、機会が入りませんので、稲刈り1週間以上前から
水を落として、地面がぬかるまないようにしておきます。

また、稲自体も、夜露で濡れたり、葉っぱが水分を吸って濡れたりすると
脱穀の際に詰まったり、機械の不調の元になります。

なので、稲刈りも乾いている10時頃から16時頃までしか行えません。

地域によって、稲が育つ最適な時期というのは、これまた当たり前ですが
同じです。
だから、田植えも、ほぼ1週間~2週間くらいに集中します。
その中でも、天候を見ながら、最もいい日というのは、数日です。

稲刈りはそれ以上に、集中することが多いです。
その上記のように、天候に追われて作業を迫られますので
どこでもここでも、コンバインで稲刈り中という光景になるわけですね。

コンバインというのは、稲刈り以外には使いませんので
稼働日数は年に数日です。
田植え機も同様。

ならば、数人でシェアして使ったほうが効率的だと考えがちですが
だれでも、使いたい日は、一致していますので、無理なんですね。

また、面白いことに、農機具というのは、使いたいときになぜか決まって壊れる。
自動車のように、毎日動かすということがないからなんでしょう。
そして修理費用がめっぽう高い、修理にも時間がかかったりすると
使えるようになるまで、数日かかることもあります。
その後、天候しだいによっては、例えば稲刈りが1週間後とかになったりする。

当然品質も低下、台風でも来れば一等米が二等米になったりする
そうすると、収入は半減以下とかになるわけで、人間関係悪化につながったりもします。

だから、どこの農家でも、一通りの物はそろえるわけです。
あるいは、作業委託したりする。

まあ、このあたりの事情は、実際に農業に携わってみないと分かりませんし
自分でやってみると、「なるほどなあ」と納得することも多いわけです。

机上の知識だけで議論したりすると間違ってしまう、そう思います。

TPPがらみでは、「攻めの農業」やら「生産性云々」やらやたら
分かったようなことを言う馬鹿がいますが、実際に農業をしてみて
議論してもらいたいものだと思います。(無理でしょうが・・・笑)

f0186462_23284556.jpg


ともあれ、今年の稲刈りは無事終了、コンバインの中にあるもみは
パイプで、コンテナに積み、乾燥作業に出していますので
明日かあさってには引き取りになります。

やはり、新米楽しみです。

[PR]
by chikomomorara | 2013-10-10 23:31 | 素人の米つくり | Trackback

肥料をまいた

夏アスパラ前の、大切な作業も終盤に差し掛かりつつあります。

枝が張り出し、通路部分に根が張る前に
堆肥とともに、肥料(お礼肥)と微生物資材などを散布して、耕します。

f0186462_21532784.jpg


年々、化学肥料はほとんど使わず、有機肥料中心になって来ました。
特に有機肥料にこだわっているわけではなく、また有機肥料だからといって
美味しくなるわけではありません。

もう何度も書いていますので、いいかなと思うのですが
有機肥料であれ、化学肥料であれ、味を決めるのはその使い方です。

一言で言ってしまえば、量が多すぎるとまずくなります。

ただ、有機肥料の良い点は、肥効がゆっくりで、微生物を増加させるのに
効果を発揮する点です。

昨年は、サケの内臓やら皮や血を発酵させた、アグロペスカを使いましたが
これはもう春の最中に、追肥で使いましたので
今年は、「幸運配合」という肥料を使ってみることにしました。

昨年、露地のコカブで試験的に使ってみたところ
結構、結果が良かったので

まあ、名前からして「幸運を配合!」ですから、いいような感じです(笑)
何せ「ラッキ-印」です。

実はこの肥料、大昔からある肥料です。
それこそ、田舎なんかに行くとありますよね
ホ-ロ-の看板が
「オロナミンC」とか「ボンカレ-」とか
そういう看板で「ラッキ-印の肥料」というのがあります。

それくらい古くからある肥料です。

f0186462_2231710.jpg


肥料袋の裏に書いてある口上も、頗る秀逸です。

「この肥料をご使用になれば、地中バクテリヤの活動が盛んになり、又自然に微量要素が補給せられ
施肥しながら、土壌改良が出来、従って皆様のもっとも大切な耕地を養う理想的な肥料であります。」
と教科書体で書いてある。

偽者なら、何十年も使われ続けていないわけで、養命酒のようで、いいですね。

f0186462_2210259.jpg


その他、微生物を補給するために、酵素でくさ~る

f0186462_2211231.jpg


根張りをよくするために、サミットミネラル

これに先日の、鉱石の粉です。

f0186462_22124340.jpg


それを撒いた所です。


[PR]
by chikomomorara | 2013-05-15 22:18 | アスパラ栽培 | Trackback

それにしても、めちゃくちゃな天候が続きますね。

今日は、最高気温も前日比16度、あられというか雹というか
そういうのが一日中吹き飛んでくる、寒い一日でした。
今も、少し雪が降っています。

001.jpg

そういう中、広島市立 美鈴が丘中学校の諸君が
修学旅行で来てくれました。

さすがに、強風の中、日本海側のような吹上浜に行く気もせず
パスタを食べてから、ハウスで少し農作業をしてもらいました。

風邪でも引かせたら、修学旅行も台無しになってしまうので
肥料撒きを、少しやってもらい
早々と引き上げてきました。

田中君・増田君・梶本君・中尾君です。

この時期に修学旅行生が来るのは初めてでした。
せめて、2月下旬なら、春の気配もあるのに
何も、一年でもっとも寒い時期にと思わないでもないですが。

海で遊ばせてやれなかったので、少し残念でした。

ところで、アスパラの作業は、残り三分の一程度まできました。

残りは、堆肥4トンの運び入れと、こううん
畝整形・潅水ホ-スとネットの設置です。

例年、この時期になると、ぽつぽつとアスパラが見られるものですが
今年はまだほとんど、見られません。

まだぐっすりと眠っているようで
作業も、落ち着いてできるので、いいことです。

眠りが深ければ、その分目覚めた後が
元気なので、楽しみにしています。

(おまけ)

首都圏直下型地震は起きるのか?
4年以内に70%の確率が、再計算で50%以下に変わったようですね。

テレビでも週刊誌でも、大々的に大騒ぎなようです。

個人的には、多分、そんなに早く来ないんじゃないかと
思っています。
別に科学的根拠はないですよ。

ただ、東大地震研究所なるところから
急にセンセ-ショナルに発表され、それにマスコミも
同調した。
何か、意図というか、裏がありそうに思えるんですね。

マスコミは嘘しか報道しないと思いますので
それから考えれば、4年以内に起こらない確率が70%ではないかと
思うんです。

大体、70%以上の確率というと、ほぼおきるということじゃないですか。
合格可能性70%以上というと、ほとんどの受験生は安堵しますよ。
それくらいの可能性だと思うんですね。

それがまた、4年以内というと、もうすぐ、首都圏は壊滅しますよ。
ということですよね。

これが本当なら、もうすぐにでも脱出したほうがいい。
少なくとも、外国大使館やら外資系企業などは
すぐにでも、脱出準備を始めるはずです。

まあ、そんなことは起きてはいないようですから
まだ大丈夫なんでしょう。

もっとも、歴史的に見てもいつかは起こるはずであり
都市機能は麻痺どころか、壊滅でしょう。
今の状況で、東京が壊滅すれば
間違いなく、日本は壊滅しますね。

だから、少しは安心してもいいのかな
と思っています。
富士山も同様ですね。

まあ、それよりも、鹿児島のほうが危ないかもしれません。

桜島も、ものすごい勢いで、毎日噴火するように
なっています。

桜島のマグマだまりは、錦江湾の桜島の北側の海底にあるらしいです。
姶良カルデラというもので、そこのマグマの量が増え続けているとのことです。

カルデラということなので、今までもそこから噴火したんですね。

これも噴火すると、けっこうなことになるかもしれない。

阿蘇にしたってそうですね。
外輪山の中は、そもそも火口なので
以前は大爆発したんですね。

有史以前のことらしいですが
阿蘇山が大噴火した灰が、北海道まで飛んだらしいというのを
読んだことがあります。

まあ、研究機関や政府の言う確率なんかではなしに
いつ何が起きても不思議ではないと
覚悟して、自分自身の感覚を
信じたほうがいいのかもしれません。

少なくとも、気候は年々おかしく
昨年の11月ころからは、別格になってきているような気がします。

[PR]
by chikomomorara | 2012-02-08 23:37 | 修学旅行 | Trackback

修学旅行生


先日、福岡から修学旅行に来てくれました

028.jpg

福岡市立 梅林中学校の 柴藤君・堂本君・尾下君・照平君の4名です。

002.jpg

昼前から半日しか動けなかったので
例のごとく、吹上浜で、遊んでもらいました。

めずらしい事に、海には入らず!!潮干狩りのようなことをして遊び
午後から、アスパラ収穫・シシトウの収穫を手伝ってもらいました。

アスパラも、シシトウもかなり手ごたえ?があったようです(笑)

仕事のしんどさみたいなものが、少し感じられてのではないでしょうか?
楽しい4人組で、頑張ってくれました。

少し驚いたのは、シシトウを収穫しながら
親戚に農家がいるとのことを聞き
「それなら、大切にしたほうがいいよ~」
という話になって、その後の流れから
「多分、ユ-ロはなくなり、経済が大変なことになる」
とか
「近いうちに戦争があるかも?」などという話をしました。

修学旅行に来た生徒にするような話ではないのですが(笑)

そうしたら、実に、論理的に本質を言い当てていました。
メディアの洗脳にさらされず、素直に自分の頭で考えれば
合理的に結論が出せるんですね。

破滅的な将来にならなければいいのですが、残念なことに
事態はどんどんその方向に進んでいっているようです。

復興や原発の問題は、次世代の子供たちのほうが
大きな利害をこうむります。

いっそのこと、今の役人や政治家は排除して
中学生や高校生に、国家運営をさせたほうが
よほど、この国のためになるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-04 02:06 | イベントあれこれ | Trackback

今週は、農家民泊で修学旅行が2組来てくれました。

001.jpg053.jpg

まずは、奈良から式下中学校の3人です。
昼に到着して、翌日朝集合で、作業できる時間帯が午後しかなかったので
ほとんど農作業は出来ず(快晴の為、その時間帯にはハウス内に入ることが出来ない)
海を満喫してもらいました

夕方になって少しアスパラを採って、温泉に。

2組目は、神戸から鷹匠中学校の4人です。

026.jpg028.jpg031.jpg032.jpg

こちらは、夕方に到着、翌日午前中にハウスで作業できそうでしたので
まずは、これまた、海に・・・

やっぱり、男ですね(笑)
何はともあれ、海に飛び込みます!

最後は胸まで使って、約2時間、満喫です。

034.jpg

いつもそうですが、満面の笑顔で、帰っていきました

何事もなく、無事に送り出せることが出来て、いつもホッとするのですが
(他人のお子様を預かりますので、とにかく無事なのが最優先ですから)
それと同時に、エネルギ-をもらうことが出来ます。

ただ今回、今までと違うのは、原発のことです。

本当に、福島県内の子供など、疎開させるべきではないんでしょうか?

久しぶりに、子供達に接して(うちにもいるのですが・・・)
「子供への影響は、何が何でも避けなくてはいけない」
と改めて、思いました。

また、大きくなったら、遊びに来てほしいものです。


[PR]
by chikomomorara | 2011-05-22 00:58 | イベントあれこれ | Trackback

やっぱり、破れた!


心配だったハウスの天井ビニ-ル、やっぱり破れていました

002.jpg

2日にわたって、台風波の風が吹き荒れていたので、仕方ありません。
台風の時には、それなりの対策もしますし(これはこれで、大変なのですが)
吹き荒れる時間も短い。
それに対して、北西の季節風は、何日も続いたりしますので
こちらでは、要注意なのです。

この延長で、約40メ-トルほどが破れており、そのほか6ヵ所同じように破れているところが
見つかりました。

結構ショックではあります。

2月になって、ハウスを閉めこむときは、隙間風も入らないようにしないといけません。
4月中旬になるまでは、春とは言えども、夜が冷え込みますので
地温を下げたくないんですね。

ただ、破れたところをすべて張り替えると、100万単位のコストがかかり
とても、すぐには出せません(涙)

もっとも、梅雨はこれでは乗り切れません。
雨がかかると病気になってしまいますし・・・

とにかく、今年の春のアスパラで、ビニ-ルを張り替えるように頑張らないと・・・

で、考えていてもビニ-ルがくっつくわけでもないので
本日も、全開で全刈り作業です。

かなり進んでいます。

005.jpg

引き続き、もっとも大変な、葉っぱの部分の刈り取り作業です。



まずは、バリカンで、茎を切断します。

バリカンも、かなりの重量がありますので、片手で作業すると
つらいものがあります。

また、ネットや、ネットを張っているテ-プを切ると
何倍も、作業しにくくなりますので、それに注意しながら
の作業です。



そのあとに、上の部分を抜き取っていきます。

これまた、力のいる作業で、鎌を持ちながらの作業になります。
埃もすごく舞い上がりますので、マスクをしていますが
真っ黒になります。

当然、この埃には、今まで散布したものが濃縮していますので
そういう観点からも、できることなら農薬はなるべくかけたくはありません。

幸い、昨年は木酢液などの資材以外は、ほとんど散布しないで済んでいますので
今回は、紙の簡単なマスクで作業です。

ところで、本日は予想外に、午後晴れましたが、相変わらず寒い

2月以降、晴れる日が多くなれば、意外とアスパラは早く出てくるかも知れません。

楽しみです

[PR]
by chikomomorara | 2011-01-18 00:09 | アスパラ栽培 | Trackback

微生物君、ガンバレ!


少し、中途半端な天候が続いています。
日中は、日が差さない天候でも、あまり寒くはないものの
夜になると、やっぱり冷えています。

アスパラも日に日に細くなっていますので、やっぱりもう数日で
収穫が終わりそうです。

001.jpg0020.jpg

もう、収獲作業も少しのため、通路部分の土つくりを本格的にはじめました。

毎日2回、収獲ではいる通路は、踏み固められて、かなり固くなっています。
その上、この部分にも、大量に堆肥が入っており、潅水で水分もあり
毎日踏み固めるので、ちょうど田んぼの盤のように、空気が入らない状態になっているんですね。

そうなると、根も伸びないし、伸びていても腐ってしまったりして
いいことがありません。

特に、これから、春アスパラに向けて、根っこに養分を蓄えるので
その大切な根を、伸ばしてやらなければなりません。

そこで、微生物の力を借りようというわけです。

本当に少しずつですが、耕してくれて、毎日上から踏むこともなくなりますので
1月頃には、かなりいい状態になっていると思います。

そこで、まずは、肩の部分に米ぬかを撒き、その後、微生物資材を撒いています。

米ぬかは、数日前に散布していますので、もうカビが生えています。

0030.jpg

これがペレット状に整形された微生物資材です。

この中に数億の微生物が生きています。

土の上に撒いただけでは、あまり効果がありませんので
これを、槌の中に混ぜ込んであげます。

004.jpg

管理機で、浅く耕したあとです。

その後少し、土をならして、完成です。
こういう作業の積み重ねが、とんでもなく甘い春のアスパラにつながっていきます。

やっぱり生き物相手の農業は、奥が深いです。


[PR]
by chikomomorara | 2010-10-22 23:29 | アスパラ栽培 | Trackback

若い奴は、すごい!!


昨日の続きです

アスパラが出始めたとあって、助っ人に来てくれたのは
鹿児島の料理人の若い子達です

やっぱり若いというのは、すごいですね
何が違うって、体力が、気力が違う

実は、この前の堆肥入れなど、大変な農作業のときに手伝いに来ますよ~
と快く、申し出をいただいていたんですね。

ところが彼らも、休みを取らなくてはならない。
こちらの農作業も、天候を睨みながら、急に決定していきますので
(雨天のときなどは、堆肥入れもできません)
やはり都合がつかなかった。

というか、その気持ちだけでも、嬉しいじゃあないですか

で今回、アスパラの見学を兼ねて、朝から「何かすることは無いですか?」
と駆けつけてくれました

まあ、その気持ちをいただいて、ネット下ろしをしてもらいました。

wakamono02.jpg

先日、中段のネットを、バ-ナ-焼きのために上げました。
でないと、ネットが熱で溶けてしまうんですね。

それを両側のバンドを緩めて、引き下げ、またバンドをきつく張り
イボ竹の紐で固定していきます。
そうしないと、ネットが下がってしまって、役に立ちません。

イボ竹も全部で、1600本以上ありますので、これまた大変な作業です。
2人でしないと、4~5倍の時間がかかりますが、今までは、2人で
2日仕事なんですね。

ところがこの時期、収穫があり、それでなくても、寝る時間もなくなるような時期です。
立茎してから、必要になるネットなんですが、立茎自体も
時期が迫ってくると、ある日、「今日から、立茎を始めよう」
となりますので、事前に済んでいれば非常に助かるんですね。

で、速かった!!人数ということもありますが
やはり若いというのは、素晴らしいですね。
若いといっても、20代後半ですが、苦しい中で、楽しそうに、興味を持って
仕事してくれました

苦しい? そうなんです
非常に苦しい中でです

というのも、この数日間というのが、年間でもっとも暑い時期なんですね。
暑いというよりも、むしろ熱いです。

蒸しこみ直後ですから、地温をある程度上げて、安定させたいんですね。
ですから、ハウスは一日中締め切っています。
収穫のさいも、締め切ったまま行います。

まあ、外が暖かければ、少し開けるのですが、昨日は、外気温10℃そこそこ
おまけに北風がきつかった。
少しでも開けると、びゅうびゅう冷たい風が入ってきます。

で、締め切っていると、少しでも薄日が差すと、10分程度で見る見る温度が上がります。

昨日の朝、来てくれたときも、はじめは曇っていたので、ハウスの中でアスパラについて
説明していましたが、そのときは、むしろ寒いくらい。

ところが作業を始めると、薄日が差し、30分で、瞬く間に40℃近くです


wakamono01.jpg

で、こういう姿になってしまいました
(少し見苦しいですが・・・
サウナの中で、作業をするようなものですが、本当に、気持ちよくやってくれ
2時間ほどで終了です。

本当に助かりました
感謝感謝です

でも久しぶりに、若者と仕事をして、楽しかったです

というのも、前職では、社内の人間はほとんどが20代です。
部下だけではなく、周囲の方たちは、まず、年下ばかりでした。

ところが、こちらに来てからは、若くても65歳とかそんな方たちばかりです。

カラオケでも、「ラバウル航空隊」ですから

やはり、外の人たちと、交流せねばいけませんね
wakamono03.jpg

これが、作業が終わりましたの図です。

中は熱くて、汗びっしょりでも、外にでると10℃、風があるので
体感温度は8℃そこそこでしょうか。

収穫に入っても、すぐに汗びっしょりで、外は冷え冷え
もっとも、風邪など体調を崩しやすい期間です。

今週の土曜日から、暖かい空気に入れ替わる予報ですので
来週からは、昼間は少しずつ、ハウスを開け始めます。

彼らが、今日体調を崩してないか、少し心配です

[PR]
by chikomomorara | 2010-02-18 00:41 | アスパラ栽培 | Trackback

最後の難関です!


今日も、早朝から夜9時まで延々と炎と格闘でした
朝食抜きで、昼は、トップバリュのかりんとう
先ほどやっと、例のからし菜パスタにありつけました
(やっぱり美味しい

今日も、ロマネスコ入れましたが、食べなれるとなるほど甘味があっておいしいですね

もともと、カリフラワ-とかブロッコリ-はあまり好きではありません。
あの、もさもさとした食感があまり好きでは無いんですね。

で、今日は軸の部分を、薄切りにして入れてみると
おおっ、なめらかで、きめが細かく、甘いではありませんか

ということで、これまたしばらく、やみつきになりそうです

ところで、バ-ナ-焼きも、先が見えてきました
ようやく、明日終了できそうです。
ハウスをほぼ締め切り、煙の中で炎の熱にあおられながらの作業ですので
かなりばててます。
業務用のものなので、熱量がハンパじゃないんですね。

おまけに、ちょっとでも気を抜くと、大やけどですから
神経も疲れます。

刈り取りから、焼きまで明日、終わると思うと、やっぱりやたら嬉しいです
今までの作業は、気を抜くと、大ケガにつながりますので、その心配が無いだけ楽になります。

もっとも、あさってからは、最後の難関
堆肥入れです

全部で、12トンの堆肥をハウスに入れて、広げて行きます。
12トンといってもピンとこないと思いますが
12000キロなんですね。(当たり前ですが・・・

10キロの米袋を1200個、運び入れるということなんですね。
ハウス外に、ダンプでおろしてもらって、一輪車にスコップでのせ
ハウス内に運び入れる、この作業が延々と続きます。

taihi03.jpgtaihi01.jpgtaihi02.jpgtaihi04.jpg

普通、農作業の堆肥散布というと、ほぼ、トラクタ-などの機械で行いますし
ハウス栽培でも、1年ごとに種蒔きをするような作物は、機械での散布が可能です。

アスパラのハウス栽培では、それができませんので、こういう点では
かなり過酷です

アスパラも待っていますので、栄養たっぷりの美味しい堆肥を
と思うと、頑張れますね

堆肥入れ後の状況次第ですが、販売開始は11日ではなく
今週末になるかもしれません。
(作業を開始すると、かなりへとへとになって帰ってきますので)

[PR]
by chikomomorara | 2010-02-07 23:21 | アスパラ栽培 | Trackback

急いでいます!


今日も、アスパラの作業の一日です。

zenngari04.jpg

午後3時までかかって、全て持ち出しが終わりました

zenngari05.jpg

その後、まだ地面に落ちている、枯葉などをきれいにします。
レ-キで黙々と集め
zenngari06.jpg

少しずつ山にして、これをハウス外に持ち出します。
枯れた葉っぱに病原菌がついていることがありますので
病気の予防のためです。

このあと、灯油バ-ナ-での焼却を開始しました。
もう暗かったので、写真は撮れなかったですが
結構、新しい芽が出始めています。

1本1本、抜いたりするわけにも行かないので、穂先から焼いてしまうことになります。
焼きアスパラですね

もったいないので、これはあとで持ち帰り、食べますが
バ-ナ-焼きをしたあとにも、堆肥入れや、肥料散布、畝整形
内カ-テンの準備など、急いでもハウスの蒸しこみまでには
一週間以上かかります。

明日・明後日は、一日中バ-ナ-焼きです。


[PR]
by chikomomorara | 2010-02-04 23:23 | アスパラ栽培 | Trackback